2018年2月16日金曜日

伊藤若冲と仙臺との繋がり(4/5)

こんにちは、染井吉野です。

ー月海の空白の10年ー
いよいよ若冲と仙臺との繋がりです。

少し時間を遡ります。売茶翁が月海と名乗った僧侶時代、50歳を迎えた時、京都の街から月海は忽然と姿を消し再び京都に現われる10年の間、はたしてどこにいたのでしょうか?

実はこの間、月海は(今の)宮城県に現れます。しかも二度目です。一度目は22歳の頃とされ、病気がきっかけで日本三景松島の瑞巌寺(ずいがんじ)で修行したとされています。
二度目が50代の時で、(今の)仙台市青葉区小松島にある萬寿寺(万寿寺)に身を寄せたとされています。佐賀県に生まれ京都で僧侶となった月海が遠く仙台まで来ることになったのは何故なのでしょう?

その理由は、月海の師匠となる月耕僧侶がこの萬寿寺にいたことから師を頼り身を寄せたものです。この寺の古文書に、京都の龍津寺から月耕と言う僧侶が数年に渡って身を寄せ修行していたと記述があるそうです。
この萬寿寺は、その昔この地方では禅寺として修行僧を数百人も抱える大きな寺であり、月海もそのひとりとして滞在していた事は間違いありません。修行を終えた後に京都に戻り売茶翁となったのです。
今でもこの萬寿寺の門前にある掲示板に月耕僧侶がこの寺で修行したことが記されています。
この頃は禅僧を優に500人以上を抱え広大な敷地をもつ大きな寺だったそうですが、明治以降は廃れ現在の本堂のみを残す小さな寺になりました。この寺の歴史を振り返って想像を巡らすと、陸奥を旅した松尾芭蕉の句にある「夏草や兵どもが夢の跡」に想いを重ねてしまいました。

若冲の名を名乗るきっかけとなった人物月海が遠い仙台と松島にて修行をしていたことに驚きです。もう一度この茶屋ののぼり旗に書かれた屋号を確認しましょう。
「通仙亭」
仙台の文字が入っている、というのは単なる偶然からでしょうか?悟りの地「仙台に通ずる」と思うのは単なる思い込みにかな?
仙台藩祖の伊達政宗が仙台に居を構える前は、この地は「千代」とも「千体」とも言われたそうで、正宗が街を開くときに仙臺の文字を当てたそうです。

ともあれ月海はこの10年の間、仙台にて修行し悟りを開いたに違いありません。そして、再び京都にて俗世間から身を引き、ひっそりと暮らし、その佇まいから身を持って人々に悟りを伝えていたのかもしれません。

若冲もまた、豪商の家督を弟に譲り自らもひたすらに絵画の道に身を投じ絵師として技を極めました。商いに何の魅力も感じなかったのはある意味では俗世の生き方に懐疑的だったかもしれません。色恋も絵師の道には邪魔なものだったのかもしれません。
煩悩を捨て、ただひたすらに筆を握り目の前の本物に感性を研ぎ澄ます。若冲にとってはこれが修行だったのです。
売茶翁と若冲。
この二人が運命的に出会い、お互い無欲の魂が通ったことに間違いはなさそうです。 

0 件のコメント: