2016年12月22日木曜日

結論は来年に持ち越すことにします

こんにちは、染井吉野です。

外構をどうしよかなぁ~~~?って考えているうちに年末になってしまいました。
昨年と今年は結局外構が無い、つまり土地の境界に仕切るものがなく、オープンな居住地となってしまいました(笑)。

DIYで外構を作るろうと考えているので、やっぱりデザインにはこだわりたい。色々なお宅の外構を見たり、BOBのブログで皆さんの外構を参考にしたりして、丸2年、悩み続けています。

一番の悩みは、

支柱はどっちに出るか?です。

つまり、支柱を立てて、そこに板を貼っていくんですが、その時、支柱は内向きに見えるようにするか(外からは支柱が見えなくなる)、または、外向きに見えるようにするか(内からは支柱は隠れる)です。

皆さんのブログでは圧倒的に外からは支柱を隠れるように板を貼っているようですが、それだと、程々の家の縁側と広縁からの眺めがよろしくない気がします。塀の裏を眺めている感じです。

一方、内側からは支柱を見えないようにすると、塀の裏を外に見せていることになるのか?なんて、悩み続けています。

昔あったなぁ~、性格診断で、良い建材は室内に使うか、外壁に使うか?というのが。
(その性格診断の内容は忘れちゃったけど)

なんかそんな感じの小さな悩みです。

多分、「そんなの自分の好きにすれば?」の一言で決着が付くんでしょうけど、どちらにしようか結論が出ないのよね。

交互に板貼れば!っていう折衷案もあるけど...。

あ”あ”~~~悩むぅ~~~!

2016年12月16日金曜日

縁側カフェ、本気です

こんにちは、染井吉野です。

建てて2年ほどになる程々の家ですが、「ここはお店ですか?」と訪ねてくる人が後を立ちません。しかも自宅ながらここでコーヒー豆の販売をしているから、なおさらここをカフェと間違われても仕方ないですね。

カフェでは無いんですが、コーヒー豆を買って頂いた方に試飲サービスを提供しようと思い、先日食品衛生責任者講習会を受講してきました。一日講習会を受講するだけで「食品衛生責任者」となることができました。将来、もし本当にカフェをオープンしたときには必ず必要になる資格です。

試飲サービスの提供と言ってもちゃんと資格を持っておかないとね。

講習会の内容は、もちろん食品の取り扱い方から食中毒や伝染病予防の話が中心。これまでは、家庭内での食品取扱の知識しかありませんでしたが、専門的な内容で教養が身につきました。

冬季期間中、程々の家の広縁での試飲サービスはおやすみですが、来春からこの資格で縁側カフェとして再開する予定です。

2016年12月14日水曜日

久しぶりにBESS仙台さんへ行った結果、お茶して長居してしまいました。

こんにちは、染井吉野です。

先日、久しぶりにBESS仙台さんへ行きました。
遊びに行ったわけでは無かったんですが、結果、遊びに行ったことになりました。

今年の始め、定期メンテナンスに来ていただいた時、作業していただいた方の工具がつい最近になって部屋の中から見つかり、それをお届けに行くだけのつもりだったんですが。
ついでだからまた各モデルの中を見学してすぐに帰ってこようと思っていたところ、偶然にも担当して頂いた営業の方にお出迎えして頂き「コーヒー飲んで行ってください」のお言葉に甘え、これから契約するわけでも無いのにコーヒー飲みながら1時間もおしゃべり。

そのお世話になった営業担当の方、私達がお打ち合わせさせていただいた時はまだ花の独身で、それが「実はこの度結婚しましてー」とサプライズ。
ほぉ~、年月は経つものですね~ってしみじみ思いました。
来年は、挙式を挙げハワイへの新婚旅行、そして秋頃にはBESSの家が建つそうです。夢が膨らみますね!

そうそう、私達がキミが生まれる前に行った貧乏を絵に書いたハワイ旅行でのエピソードについつい熱が入り込んでしまって、気がついたら1時間も喋っていたんです。

帰り際、BESSさんのお歳暮と来場者プレゼントの小さなプランツと言うお土産まで頂き、本当に遊びに寄ったことになってしまいました!

2016年12月12日月曜日

キッチンに小さな棚をDIYしました

キッチンに飾棚をDIYしました
こんにちは、染井吉野です。

程々の家のキッチンは、タイル貼りです。暮らし始めて1年と半年が経った頃、なんとなくキチンが物足りない。使い心地がしっくり来ないし、キッチンに立っていても何か殺風景です。

程々の家のキッチンはシンクが対面になっていません。いわゆる今流行のアイランドキチンでは無いんですよね。シンクで調理していても目の前にあるのはタイル。
ふとある時、目の前のタイルの壁に飾棚を作ったらどうかと思い浮かびました。

早速作ったのが、画像の棚です。タイルなので壁に固定するわけにはいきません。そこで板に足を履かせました。また、低くすると水の飛び跳ねで汚れてしまうし、高いと手元を照らす蛍光灯に近くなるので棚の影で暗くなってしまいます。
工事の時出てきた端材の中から奥行きの浅い板を探して一番使いやすい高さを選びました。後はDIYショップでカットしてもらい、ネジと足を直角に固定する金板を購入。完成後は、程々の家っぼく焦げ茶のペンキで仕上げました。

設置したら、思った以上にキッチンが楽しい空間に大変身!ちょっとした小物を置けるし、フェイクの植物で飾ってみたり。たった1枚の飾棚を作っただけなのにね。

2016年12月10日土曜日

そうか、薪ストーブの排気は自然排気なんですよね

こんにちは、染井吉野です。

BESSさんのBOBのQ&Aをなにげに見ていたら、薪ストープをお使いの方から、部屋中の窓と換気口を塞いでキッチンの換気をするとストーブの煙が逆流してしまう、という投稿を見かけました。

そっか薪ストーブの排気は自然排気なんですもんね。煙(空気)が外へ排出されるということは、その分空気を室外から入れなければならないってことなんですね。換気口を開けておけば煙の逆流は無くて済みそうですが、ちょっとした注意が必要。

ウチはペレットストーブ。参考までにペレットストーブはどうなっているかと申しますと。
排気はファンで強制的に行います。ですから排気が出た分外から空気が入ります。さて、どこから?

正解は煙突です。

煙突が2重構造(◎円状)になっていて、外に出ている煙突の先から新鮮な空気が◎の外円から取り込まれてストーブ内の燃焼に使われ、排気は煙突の真ん中から外に排気されます。
FF式石油ファンヒーターと同じ構造となっています。

2016年12月8日木曜日

火遊びの練習

火鉢の使い方練習
こんにちは、染井吉野です。

冬の暖房は火箸。初めて火鉢に挑戦してみました。
親の代から使われていた陶器でできた大きめの火箸は、程々の家に引っ越してから庭の植木鉢に再利用してしまいました。室内用は骨董市で買い求めたものがひとつあります。今は、オブジェとなっていますが、いずれこれで火を起こしたいと思っています。


慣れないうちから骨董品を使うのはもったいないので、火鉢の練習として使わなくなった土鍋を利用します。我が家の台所はHIなので土鍋も使われることがなく、火鉢として生まれ変わることに。

灰は以前の火鉢のものを取っておいていたので、それを使います。

灰を土鍋に敷き、ホームセンターで買ってきたバーベキュー用の木炭を並べます。底がものすごく暑くなるので灰の深さは3cmくらい敷いたほうがよいですね。それと土鍋の下に鍋敷きも置きましょう。
着火はストーブ用の着火材を使えば簡単です。でも点火時に着火剤のオイルの煙が出るので、炭に火が移るまでは外で着火することをおすすめします。

この火鉢を2階の共有スペースに置いて暖をることに。本格的な冬になったら本物の火鉢に専用の炭で火鉢のある暮らしを楽しむのも粋かもしれませんね。

一酸化炭素中毒にならないよう換気は定期的に。

2016年12月7日水曜日

今日は大雪(たいせつ)と程々の家の暮らし

こんにちは、染井吉野です。

今日は二十四節気の21番目の大雪(たいせつ)です。
いよいよ雪が平野でも降り始めブリなどの冬魚の漁が盛んになります。山では南天の実が赤く色づき、熊などが冬眠に入る季節です。
平野でも初氷の頼りが聞かれ始めるのも今日あたりからですね。

程々の家では、昨晩のストーブの暖かさが残っている毎朝、どの部屋の窓も全開にして朝の新鮮な空気を取り込んでいます。気持ちのいい朝を迎えて今日一日を過ごす準備を始めるのが日課となりました。

ここから、朝のお努めが始まりです。

ほうきで床掃除をして、ストーブも灰を捨てお掃除します。そしてゴミ箱の中身を屋外のゴミ置き場へ。ゴミの収集日の日には集積場まで持っていきます。
普段は、ほうきで掃き集めるだけですが土日は使い捨てモップで家具の下などの綿埃を掃除します。また、天気が良い日は玄関の掃き掃除と縁側広縁の掃き掃除が加わります。
我が家は畳の部屋は作らなかったので掃除がとても簡単です。以前住んでいた家は絨毯と畳だったので掃除機が欠かせませんでしたが、今ではささっと掃いておしまい。
一昨日は深夜に猫が食卓から湯のみ茶碗を落っことし、朝には床にお茶が染み込み込んでいましたが雑巾で拭いておしまい。シミにもならず一安心しました。

我が家は室内に猫を飼っていたりしているので、日々の暮らしで新築時より色々な場所に思い出が刻まれますが、これも木の家の経年美化の楽しみのひとつですね。

2016年12月1日木曜日

これからの季節はジャズが似合いますね

こんにちは、染井吉野です。

BESS仙台さんの展示場を見学すると、BGMにはジャズが流れています。
ジャズ、嫌いじゃありません。
音楽は一通りなんでも聞きますが、長い夜の季節、夜はジャズを聞きながらウィスキーが程々の家に合いそうです。ロックを飲みながらジャズを聴くのもいいですね。

秋から冬にかけて、1階リビングか2階の共有スペースでジャズを流しっぱなしにしています。そのために、有線放送を契約しちゃいました。

チャンネル数が多いので、家族で自分好みの音楽を楽しんでいます。