2016年11月17日木曜日

皆さん電線の壁固定はどうしてます?

こんにちは、染井吉野です。

程々の家のが電電公社時代の黒電話で昭和化しましたが、皆さんは電話回線のモジュラージャックから先の電話機(ファックス)までの間の電線の処理はどうしていますか?

運良く、部屋のレイアウトが壁のジャック位置からそう遠くないところに電話(ファックス)を設置できれば良いのですが、暮らし始めてから部屋のレイアウト次第では離れた場所に設置することになるかもしれませんね。

我が家の程々の家は、デットスペースにファックス機を設置するつもりで電話回線のモジュラージャックを決めたので当初は電線の取り回しは問題なかったんですが、今、黒電話を下駄箱の上に置いたので電線を引き込ませなければならなくなりました。ジャック位置から立ち上がって壁と天井を這わせなければなりません。

ホームセンターで手に入るモールと呼ばれる配線用のプラスチックカバーだと、目立つしキレイじゃでない。

結局電線をそのまま壁板の間の隙間に這わせ目立たなくしました。

問題が、その電線をどうやって固定化するか?

そこで思いついたのがホチキスで壁に打ち付ける方法。ホチキスは細い針なので、不要になってもすぐ取れ、針穴も目立ちません。壁板は杉材なので柔らかくホチキスの針でも十分に打ち付けることができました。
梁部分は頑丈な合板なので、大工用のホチキス(木工用ホチキス)があったのでこれで固定しました。

電線の固定の他、色々応用できそうです。

0 件のコメント: