2006年4月28日金曜日

日本はゴールデンウィーク

明日からゴールデンウィークに突入ですね!

今年の桜前線は厳しい冬の寒さで北上が遅れているということです。ですので、もう1度桜を楽しみたい方は、東北地方を北上してみるのも楽しいと思います。
有名な観光地でなくても、車窓から見える名も無き里山に咲く一本の桜だけでもとっても綺麗ですよ。

2006年4月23日日曜日

チョッピリロマン

春になると、地球の大きさを実感する出来事があります。

それは、黄砂です。

何千キロの離れた遠く中国内陸の砂漠から舞い上がった粉塵が風に乗って日本まで届くなんて、島国日本ではそんな大陸的な感覚がないので、とっても不思議です。
いったい、どれくらいの時間がかかって日本にまでとどくのかしら?
もちろん、それによる農作物への被害や健康への影響も心配になりますが、ちょっぴりロマンを感じませんか?

そういえば、幼い頃、雪と一緒に黄砂が降り、地層のようにそこだけ橙色になったのを不思議に思っていました。
地球って広いんですが、自然界はひょっとしてものすご?く小さな惑星なんですね。

2006年4月18日火曜日

天気の良い日は外へお散歩に出かけませんか

春の陽気に誘われて、こんな天気の良い日は外へお散歩に出かけませんか?

私もこんなにお花を咲かせてみました。いかがですか、と?ってもきれいでしょ!

仕事で行き詰ったり、人間関係で疲れたら、ほんの15分ブラブラ目的のないお散歩もいいものですよ。

2006年4月15日土曜日

つぼみを咲かせました

私の住む地方の里山にもやっとやっと春が来ました。

この冬は雪が深く、私もずいぶん春の訪れを待ち焦がれてました。
人々は、私が咲くと「春の訪れ」を感じるようですね。私のことをそんなに思ってくれてとてもうれしいです。
私自身はというと、春の訪れは私の周りの草花の目覚めで春を感じます。
日も高くなりましたね。
もう春が待ちきれなくてすぼみをひとつ咲かせてみました。

そうそう、私のお隣に住むのはブナのおじいさんです。何でも120年くらいといっています。とても大きな枝を広げていて、私はその枝に守られるように生まれました。
私が生まれてからもずっとお話を聞かせてくれます。
昔は、この辺も静かでとても綺麗な里山だったそうです。
今は、すぐ近くまで住宅が広がってきました。数年前まで見ていた向こうの里山は機械でならされ今は人の住む街に変わってしまいました。チョッピリ寂しいですね。

2006年4月6日木曜日

ブログはじめました

私は、染井吉野。
地方の名も無き小さな里山に住む小さな桜です。
桜の樹、染井吉野が見た、感じた思いを綴らせていただきます。