2021年2月26日金曜日

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜JAZZの音(ね)が家中に染みわたります

こんにちは、染井吉野です。

先日ラジオから流れたこの曲に心を奪われました。

You'll never know

いい音楽は心に染みわたります。そしてこの時間、程々の家の隅々まで響き渡るようです。 





 



 

2021年2月19日金曜日

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜昭和の風景(ミニチュア)

こんにちは、染井吉野です。

昭和の風景、今日は最後です。

昭和の時代、家で食べるごちそうはライスカレー!

毎週日曜夜はライスカレーでした。 テレビのサザエさんを見ながら食べるライスカレーが今でも忘れられません。子どもでしたが、辛いのを我慢して水をたくさん飲みながら食べてました。

程々の家でもこんな昭和の風景が、何でもない普段の日曜日のようなそんな気がします。

いただきま~す。


2021年2月12日金曜日

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜昭和の風景(ミニチュア)

こんにちは、染井吉野です。

昭和の程々の家にはきっとこんなステレオが置いています。

パソコンもスマホも無かった時代の娯楽は音楽鑑賞。お父さんはJAZZ、お母さんは映画音楽。そして私達はアニメソング。

ステレオの前でゆっくり時間を過ごしていました。

今の程々の家も昭和と変わらない時間が流れています。

新しいレコードが欲しかったなぁ。


2021年2月5日金曜日

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜昭和の風景(ミニチュア)

こんにちは、染井吉野です。

仕舞い込んでいた玩具菓子のおまけを出してみました。

すると机の上には昭和の風景が広がりました。

板塀にゴミ集積、そしてスバル360。道路はアスファルトで舗装されていなくて、雨が降ると至るところに水たまりができました。

この懐かしい風景の中に程々の家も溶け込んでいるような、そんな気がします。


 

2021年1月25日月曜日

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜ステッカーを貼ってみました

こんにちは、染井吉野です。

昨年夏にBESSさんから届いたステッカーをボードに貼ってみました。 

なんとなく使うのがもったいなくて、どこに貼ろうかとず〜と悩んでいましたが、大きさも丁度よい端材の板がありましたのでペンキを塗ってそこへ貼りました。

う〜ん、今度はこのボートをどこへ掛けるか悩み始めています!

またしばらく悩みそうです


2021年1月18日月曜日

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜冬の朝の風景

こんにちは、染井吉野です。

冬本番、BESSオーナーの皆さんはいかがお過ごしですか?

今日は程々の家のある休日の朝の様子をご紹介します。

起床の後は同時に掃き掃除をします。猫のトイレが1階と2階にあるため猫砂が散らばっています。猫は玄関に降りたりするので砂粒が結構落ちているんです。我が家ではすべてフローリングにしているので、普段は目立つところだけ掃き掃除。月に1回くらい掃除機で隅っこまできれいにします。

そしてペレットストーブに火を入れます。まず最初は前日の灰を取って、ガラス窓をきれいに。そして、着火剤を置きその上にパラパラと種火になるペレットをふりかけます。着火剤の炎が立ち上がり、ペレットに火が移ったタイミングで電源をオンに。ストーブ内に風が送られてペレットの種火が次第に炎に変わります。こうなるともう安心です。後はほったらかしでもストーブが家中を暖かくしてくれます。

その後は、ゴミ捨て。収集日でない時は外のゴミ箱へ集めます。外のゴミ箱は「燃えるごみ」「プラスチックごみ」「ビンと空き缶」の3つ。それらの棚をDIYしました。

外に出たついでに新聞を郵便受けから取って部屋に戻ります。そして、やかんでお湯を沸かします。コーヒーを入れるためです。お湯が沸くまでの間にトーストを2枚焼きながら顔を洗いに洗面台へ。トーストが焼き上がる2分の間で二人分のお湯が沸きます。そして、ドリッパーでコーヒーを落としながらトーストにバターをヌリヌリ。

家族はまだ寝ています。

自分のコーヒーとトースト、新聞を持って2階のロフトへ移動しテレビを見ながら朝食です。夏の季節だと広縁に行きます。お腹を満たした後は新聞を読み始めます。チラシも隅から隅まで読みます。マンションのチラシは間取りを見ながら実際の生活を想像し、旅行のチラシでは観光地巡りを楽しみます。

そうこうしているうちに家族が起き始めました。 

休日の朝はだいたいこんなルーチンですが、こんな何気ない時間でさえ程々の家は贅沢だと感じられるのが嬉しいです。

冬の朝はまだ真っ暗です

 

 

 

2021年1月11日月曜日

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜昭和の手拭いコレクション

こんにちは、染井吉野です。

親から譲り受けた昭和初期の手拭いコレクションからこの1枚。手拭いを眺めながらちょっと昭和にタイムスリップ。

毎年、仙台の冬は泉ヶ岳下ろしの北風が吹きとっても寒いです。新米が出始める晩秋から初冬にかけて、各家々では火鉢を用意し木炭を燃やします。炊事でも使いますが、なんと言っても一番お世話になるのが冬の時期。お店から木炭を届けてもらい、午後、日が傾き肌寒くなったところで、おじいちゃんが火鉢の灰を丁寧に慣らして木炭を並べます。2,3本並べたらそこにマッチで点火しますが、これがなかなか木炭に火が移りません。ようやく火がついた頃、この様子を見入っていた子どもたちはすっかり飽きてしまいどっかへ遊びに行くのが常でした。

「やれやれ」とため息をついて五徳を置き鉄瓶を温め始めました。このお湯が暖かくなる頃には家族皆一緒に夕食を囲んでいることでしょう。

この手拭い、いったい何時頃のものでしょう。このお店も今はもう無いんですね。今日は、こんな思いを巡らしながらこの手拭いを鑑賞してみました。

昔はどの家庭も薪や炭を使っていました


2021年1月4日月曜日

12月の冬キャンプ〜楽しかった最高の思い出

こんにちは、染井吉野です。

さてさて、石油ストープを持参して冬キャンプの予行練習から数週間たったので、12月に冬キャンプに行って参りました。

本日のキャンプ地は宮城県気仙沼唐桑(けせんぬまからくわ)半島にある御崎野営場。ここは、宮城県内でも数箇所しかない通年利用できるキャンプ場です。有料ですがワンコインでお釣りが来るほど安すぎるキャンプ場。しかもシャワーが無料で使えるという高規格キャンプ場です。

隣は岩手県陸前高田市と言う、宮城県の一番北に位置する場所ですが、この日は無風で全然寒さを感じませんでした。カイドによると宮城県最北端の太平洋寄りですが気候は比較的温暖のようです。西風がビュービュー吹く極寒のキャンプを予想していましたが拍子抜け。ちょうど一緒に受付を済ませたソロキャンパーの人とも「全然寒くないですね」と言葉を交わしたほど。

そんな恵まれた気候でしたからテンションが上ってしまい、お昼からウィスキーが進む進む。キャンプ場も人がチラホラと居るだけでとても静か。大自然の景色を堪能しながら夜まで飲み続けてしまい、ベロベロに酔ってしまいました。 

日が暮れてからはテント内で石油ストーブを焚いて暖かく過ごしました。酔がまわってあまりの気持ちよさにそのまま寝入ってしまうところでしたが、危ない危ない!しっかり消火してからシュラフに入って就寝。

何もしない時間がこんなに楽しいなんて、何という贅沢なんでしょう。

静かな冬キャンプ

 

2021年1月2日土曜日

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜外は雪景色

こんにちは、染井吉野です。

今日は元旦、近所の神社にお祓いに行きます。

天気予報では元旦から2日にかけて大寒波が来てここ仙台でも積雪に注意と言っていました。ここ数年暖冬で雪の少ない冬が続いていましたが、本来なら雪の積もっている冬が仙台の冬景色なんです。

今朝起きてみると、チラホラと雪が降っていました。庭にも雪が積もっていました。近所の猫たちも寒くて巣ごもりしているようで新雪には足跡はありませんでした。

午後のお祓いから帰ってきても雪は止む様子は無く降り続いてきます。このまま明日まで更に雪が深くなりそうです。

程々の家の格子から覗く雪景色は静寂さを保っています。

仙台のお正月は雪景色

 

2020年12月31日木曜日

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜棚を作ってみました

こんにちは、染井吉野です。

今日は大晦日。この年末年始はコロナウィルスでなるべく外出を控えようと思っています。そこで、有り余った時間を利用して普段から構想していたDIYを始めました。

昨日は洋服掛け。そして今日はこの棚をリニューアル。

以前作った時はチョット高めに設置してしまったので、今回は少し低めに移動。さらに棚受けも幅広なものに交換。石膏ボードですが、下地チャッカーの針をブスって刺して確認したので大丈夫だと思います。

たったこれだけの作業でしたが、手を動かして何かを作るというのはとっても気分転換になります。

それでは、よいお年を。

やっと希望通りの棚になりました


2020年12月29日火曜日

程々の家暮らし方鑑賞マニュアル〜遅いストーブの火入れ

こんにちは、染井吉野です。

クリスマスにあと数日と迫ったある日、我が家のストーブに今シーズン初の火入れを行いました。

ここ仙台では、ちょうど1週間くらい前にドカッと積雪があり本格的な冬に入りましたが、これまで2階にあるエアコン1台でも十分暖かく過ごせていたんです。でも折角の年末年始のお休みにはやっぱりストーブでぬくぬくしたいじゃありませんか。

ストーブといっても我が家の場合薪ストーブではなくて「ペレットストーブ」です。

ペレットストーブを選択した理由については、以前このブログにも書いていますので、気になった方はこちらをご参照下さい。

ストーブの前はやっぱり温かいのか、今年家族の仲間入りした茶トラさんがすっかりこの場所を気に入った様子。寝る時はず〜っとこの場所です。

もちろん、程々の家の中はこの1台で快適に過ごせています。炎で温まるのは本当に気持ちがいいですね。

猫たちは暖かい場所がお気に入り

 

2020年12月4日金曜日

冬キャンプの予行練習をして来ましたよ

こんにちは、染井吉野です。

先月の下旬に、冬を前にキャンプしてきました。もうそろそろ、雪がちらつき始める頃ですよね。冬にテント泊はしたことがないので、実際の寒さはどうなのかと、冬キャンプをするときに必要なものや足りないものを確認する意味もありました。

まず、寝袋。寝袋は夏用の薄いものしか持っていません。昨年の冬の車中泊の時は、普段使っている羽毛の掛ふとんを持参しました。その時とても暖かくぐっすり眠れたので、今回のテント泊でも行けるか確認。結果、コット+夏用寝袋+羽毛掛ふとんで十分行けそうです。けど足元が冷えるので、厚手の靴下の重ね履きと湯たんぽが必要とわかりました。それにしても、恐るべし羽毛布団です。ほんと温かいです。

昼夜問わずテントの中は暖房が無くてはやっぱり寒いと思い、今回は自宅にあった小さい石油ストーブをINしました。安物のテントでスカート部分がないので冷気が入り放題。座っている腰から下は寒いのですが、上半身は暖かかったです。フリースのひざ掛けでも足りず羽毛布団を膝掛けにしていました。

真冬のキャンプで過ごす時間は圧倒的にテントの中だと思いうので、日中の寒さ対策と夜の寒さ対策は今回の経験でなんとかなりそうです。

あとは、灯油を沢山持っていくのが良さそうです。ストーブのタンクだけでは翌日の日中は足らないことがわかりました。

 楽しいキャンプを寒さに耐える修行の時間にしたくはありませんから、温かくして冬キャンプを楽しもうと思います。

冬キャンプの必需品はストーブと羽毛布団

 

2020年11月16日月曜日

紅葉を見に太平洋を望める峠まで来ました

こんにちは、染井吉野です。

ちょっぴり時間が経ってしまいましたが、先日、紅葉を眺めながら太平洋を望める山の峠まで行ってきました。

ここは、宮城県と山形県の県境でもあり仙台市と山形市の接点でもある二口峠(ふたくちとうげ)。仙台市中心部から車できました。1時間半くらいかな?宮城県側は途中「秋保温泉(あきうおんせん)」と「秋保大滝」があり、県道終点の二口からは山道になります。

山道の途中には「磐司岩(ばんじいわ)」と呼ばれる垂直に切り立った岩肌が見える素晴らしい所や、湧き水が汲める場所があります。この湧き水は有名で多くの人が車でやってきます。トロッとした美味しいお水です。コーヒー店のマスターもわざわざ汲みに来ているらしいです。

そして、峠の少し手前にあるのがここの展望です。通ってきた谷のはるか向こうには仙台市街、そして太平洋が見えます。素晴らしい景色が眺められる場所となっています。ここでしばし休憩していよいよ峠へ向かいます。

峠からは山形県側が見渡せます。足元には観光で有名な「山寺」そして遠くに「月山」が、運が良ければその先に山形県と秋田県の境界に立つ「鳥海山」も見えます。この日はうっすらでしたが、昨年の春に来た時は晴天で鳥海山までくっきり見ることができました。山形側へ下っていくとそのまま山寺へ通じます。昨年はそこでおいしい山形蕎麦を頂いて戻ってきました。

この日の紅葉はまだ色づき始めでしたが、天候に恵まれ素晴らしい景色を堪能することができました。峠に吹く西寄りの秋の風は、力強く冷たかったです。間もなく冬の訪れを予感させてくれました。

峠からの紅葉を見る


2020年11月9日月曜日

花金は家飲み〜程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

こんにちは、染井吉野です。

今日は花の金曜日。今週も無事に過ごせましたので、気分が晴れやか。明日からの週末が楽しみです。 

明日の朝は目覚ましで起こされることも無いので、家飲みすることにしました。

ちゃぶ台にLEDランタンをセット。そしてビールとおつまみ。床にどっしりあぐらをかいてグビグビと飲み始めました。あぁ〜美味しい。

そして古地図を引っ張り出してきました。復刻版ではありますが、時々地元仙台の古地図を眺めるのが好きなんですよね。今日は昭和3年、1928年です。 地図を眺めるとタイムスリップした気分になって、知っているあの場所は昔こうだったんだ!とか、この時代の暮らしはどんなだったのかな?とか想像するのが楽しいんです。そうこうしながら1時間、すっかり酔いも廻って来ましたよ。

程々の家もいずれ孫の代にと受け継がれていくのでしょうか?その頃の程々の家はどんな顔を見せてくれるのでしょう?

家飲みが楽しい我が家。


2020年11月2日月曜日

部屋の中で〜程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

こんにちは、染井吉野です。

秋も深まって参りました。

そんな休日の夜はしっとりとした時間が大切です。それを演出させてくれるのが、素敵な音楽とお気に入りの小物。

大人の時間を楽しむには、そう、JAZZが似合いますね。それと、ウィスキーの水割り。

ウィスキーが氷に溶けるのと同じくらいの時間をかけて、一杯のウィスキーをゆっくりと味わいます。好きな雑貨の手入れをしたり、ちょっとだけ部屋のレイアウトを変えて気分を変えてみたりと自分だけの時間が過ぎてゆきます。

程々の家に集まったのはアンティークなものばかり。今日はこのトランクを眺めながら、以前の所有者はどんな使い方をしていたのかしら?と思いを馳せてみました。

何に使おうかな?


2020年10月26日月曜日

秋冬向けの部屋の模様替え〜程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

こんにちは、染井吉野です。

土曜日、外はどんよりとした曇り空。特に用事もなかったので部屋の模様替えをしました。もう秋ですので、この秋冬シーズンの部屋にイメージチェンジ!ついでに大掃除。頑張りました!

上の棚に飾っている小物もすべて下に置いて、棚の上の掃除から。雑貨たちも細かなホコリをまとっていましたので、掃除機とブラシできれいに煤払いします。そして、模様替えをしながら飾り方を考えました。インテリアをあれやこれや考えるのはワクワクします。

今回、大きく変わったところは、広縁に置いていたアジアンタムを部屋に入れたこと。これから寒い冬、外では枯れてしまいますからね。部屋の中に緑を置くのは久しぶりで、とっても新鮮です。

掃除が終わりきれいになった部屋を見て、ますます程々の家で過ごす時間が楽しみに。


部屋の緑が癒やされる。

 

2020年10月12日月曜日

またまたキャンプに行ってきました〜吹上高原キャンプ場

こんにちは、染井吉野です。

月イチでキャンプ行っているような〜、で、またまたキャンプしてきました。

ちょうど1年前、初めて行って感動し再び行ってきました。場所は、宮城県大崎市鬼首にある「吹上高原キャンプ場」。あいにく台風が近づいているようで初日から曇り。その分、霧に霞む山並みが見えました。霧の風景もいいですよ〜。

オートキャンプ場とは言っていませんが、全面芝のクリマ乗り入れOKのサイト。電源サイトやペットサイトも別に用意されています。そして、ものすごく広い。500張くらいできるようです!料金は2泊したのに2,700円。安いなー。それだけでなく、設備もいいんです。敷地内に日帰り温泉があって、炊事場はお湯も使えます。受付には薪やちょっとしたキャンプ用品も揃えています。また、温泉施設にはコインランドリーもあるので連泊でも安心。

 平日〜土曜にかけてのキャンプでしたが、たくさんのキャンパーが来てました。それだけ人気なのでしょう。予約不要ですので、明日の天気を見てから計画を立てても余裕で行けます。

私の中では広さ、風景、設備、料金、どれをとっても最高のキャンプ場です。また来年行きます!

広いキャンプ場は気持ちいい。

 

 


2020年10月5日月曜日

ハリケーンランプのメンテナンス〜程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

こんにちは、染井吉野です。

今年もキャンプ行ったなぁ〜。と秋の訪れを感じながら思い出に浸っております。

今年から使い始めたビンテージランタンのメンテナンスをしました。このランタンはおじさんから引き継いた年代物。調べてみると大正創業のメーカーのものと判明。一時は海外にも輸出されていたこともあるらしいです。

今は、WINGED WHEEL(ウィングド ウィール)と言うメーカー名に変わっていますが、創業者から代々引き継いで現在5代目の若い女性がすべてハンドメイで作っているそう。そして、何でも東京ディスニーランドから大量に発注があって今でも各アトラクションの照明として使われているらしいです。

そんな由緒あるランタンですが、通称「ハリケーンランプ」と呼ばれているだとか。その名の通り「ハリケーン(台風)でも消えないランプ」。気になって調べてみたら、手元にあるのはどうやら昭和初期のものに違いありません。と、言うことはざっと見積もって80年くらい前のもの。

それは、大事に使わなくっちゃ。

メンテナンスと言っても金属ブラシでボディのサビを落とし椿オイルをぬりぬり。ビンテージぽさを残しておきます。オリジナルの色はブリキ本来の色でしたが、メンテナンス後は重厚なSL機関車のような色になりました。

今年のキャンプは、このハリケーンランプ WINGED WHEEL #500に大変お世話になりました。キャンプの夜、お酒を飲みながら揺れる炎に癒やされました。

このランプ、程々の家での普段使いにもいい!広縁に灯して秋の虫の声に聞き入ってみたいと思います。

先日テレビ番組「情熱大陸」でこの WINGED WHEEL社の別所さんが紹介されていました。良い道具は長く続いて欲しい。

 

いい道具は代々受け継がれます



2020年9月28日月曜日

先週の連休中に草むしりをしました〜程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

こんにちは、染井吉野です。

先週のシルバーウィークに庭の草むしりをしました。今年は梅雨の季節にしっかり雨が降って、その後猛暑が続いたので雑草たちもしっかり元気に育ったようです。

秋分の日を迎えたこの日は、暑くもなく寒くもなく、庭仕事をするにはうってつけの季節。朝食後から始めてお昼まで休みなく精を出しました。

仕事を終えるととっても気持ちの良い庭が現れました。

ついでに、鉢の植え替え。庭に生えてきた楓の苗木が大きくなってきたので大きな鉢に引越。シンボルツリーにしたいので場所もちょうど目隠しになる場所へ移動。まだ膝くらいの背丈ですが、身長を超えるくらいに育ってほしい。

我が家の庭作りは全くお金をかけていないのでこうして時間をかけて整えています。

いづれは程々の家に合う庭にするのが楽しみです。

庭がきれいになりました。


2020年9月25日金曜日

キャンパーの皆さんはキャンプ時何食べてるのかな?

こんにちは、染井吉野です。

憧れの富士山を眺めながらのキャンプ。良いキャンプでした。

キャンプ地では何もすることが無いので、ノンビリと時間を過ごすことが最高です。そこでたっぷりの時間を利用して、食事にこだわるのも一つの楽しみかもしれません。

ならばと、先日の富士山キャンプ時の朝食と夕食の一例をご紹介します。

ある日の朝食

農家が丹精込め育てたブランドポーク風の燻製風ソーセージをカリと焼いて挟んだ本格カマンベールチーズを練り込み焼き上げたホテル風ロールブレッド。それに、二日間熟成させたフレッシュ野菜たちのサラダ、ミニトマトを添えて。食後に、コーヒーショップマスター自ら炒った厳選の豆のオリジナルコーヒー。

ある日の夕食2編

強火で炒め上げた彩り野菜と中華風蒸し麺をソースで味付けしたヌードルベジタブル絡め。それに、ホットウォーターを加えたナスとわかめのスープ(味噌風味)。

または

ソルトとガーリックを隠し味に、直輸入の牛肉ステーキ(醤油風味)と産地直送のお米を贅沢にコトコト炊き上げた艶の立つライス。

どうです?豪華でしょう!!?

本当は、

朝食は、ロールパンにフライパンで焼いたポークビッツを挟んだものに、購入して2日たったサラダ。そしてコーヒーショップから買ったコーヒー(さすがにインスタントではないけど)。

夕食は、ソース焼きそばにインスタント味噌汁。または、牛焼き肉とご飯。

毎回、こんなメニューを考えながら超豪華な(?)キャンプの食事を楽しんでいます。

朝食の例

2020年9月22日火曜日

キャンプに行ってきました

富士山
富士山。

こんにちは、染井吉野です。

秋のシルバーウィークを前に、憧れのキャンプ地へ行ってきました。

画像でおわかりの方はもうピン!と来るはず。富士山麓にある「ふもとっぱらキャンプ場」。

普段から予約で満杯ですがコロナ対策のため、入場人数制限をキャンプ場独自にしているのでなおさら予約が取れません。もう3ヶ月くらい前から予約して、この日を心待ちにしていました。

実は、富士山をこの目で見たことがなくて。絶対に一度は近くで見たい!そんな夢が叶いました。

間近で見る富士山は大きい!すごい迫力。裾野はなだらかなんですがその広さ、そいて頂上にかけて高度がまして見上げる高さです。普段見慣れた東北各地の名山にはやっぱりかないません。 素晴らしい眺望を楽しめました。

2泊でしたが、この頂上を見れたのは着いた初日の数時間と、最終日撤収後の数時間。

また来年も来ることを約束して帰路につきました。

2020年9月14日月曜日

お気に入りの場所~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

読書コーナー。
こんにちは、染井吉野です。

我が家の程々の家は、北玄関。
もともと南玄関になる場所はそのまま広いリビングとなりました。そして、ペレットストーブがあります。

引っ越して間もなく、頂いた端材で本棚を2つ作りました。背の高い本棚には本がびっしり。ほぼ趣味の本で文芸書は、、、ありませんっ!

そして、背の低い本棚にも本が並んでいますが、天板には雑貨を置いておしゃれに飾ってみました。

毎年秋の楽しみといえば、ここに置いた読書灯の明かりの下で読書用の椅子に腰掛けながら本をパラパラとめくってみることです。

2020年9月7日月曜日

9月の憂鬱(ゆうつ)~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

センスのあるうちわ??あれ?扇子?団扇?
こんにちは、染井吉野です。

9月になりましたが、まだまだ暑い日が続いております。
実は、夏は大好きなんですが、この季節はちょっぴりと憂鬱。

夕涼みに広縁に出たいんですけど、蚊が!

渦巻の蚊取り線香を炊いたりしても、またたく間に痒くなります。それに、なんと言っても秋の蚊は強いんです!
猛烈な痒さが襲ってきます。

程々の家の広縁を楽しむにはもう少し先になりそうです。

秋の虫が鳴き始めた我が家です。

2020年8月28日金曜日

今年の夏もありがとう

2020年8月の晩夏。
こんにちは、染井吉野です。

毎年、日本海に沈む夕日を見るのが夏の締めくくり。

今年もキャンプしながら夕日を眺めてきました。
日没まで何もすることがなかったので、海を見下ろせる小高い丘に椅子をおいて1時間も前からゆっくりと水平線を眺めては、青空の飛行機雲、海鳥がねぐらに帰っていく様子を見ていました。

いつの間にか、凪の時間。夏の日本海はとっても穏やかです。

水平線に太陽が沈み、すっかりあたりはオレンジの夕日に包まれました。沖の雲が眩しいほどの光を放っています。

そうして、寄せては返すさざ波に「ああ~今年の夏もおわったんだなぁ」っと大きく息を吐きました。

2020年8月21日金曜日

酷暑の過ごし方~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

暑い夏ですね。
こんにちは、染井吉野です。

ここ数日、熱中症の警戒情報が届いています。夏大好きですが、いくらなんでも暑すぎます。野鳥とか大丈夫だろうかと心配しています。

我が家の程々の家は、2階のロフトにあるエアコン1台でしのいでいます。ここ数日は24時間つけっぱなしです。1台でも家の中は快適というほど室温は下がりませんが、まぁまぁ過ごせます。
家主の猫たちはおもちゃで遊ぶ余裕があるようです。元気なようです。

朝、ロフトに置いているモンステラに水やりをしました。
エアコンの風に揺らいでいました。

2020年8月14日金曜日

キャンプから帰ってきました~2020年お盆休み

波音を聞きながらお昼寝タイム。
こんにちは、染井吉野です。

2泊のキャンプから帰ってきました。
向かった先は、青森県十和田湖にある宇樽部キャンプ場。国定公園内にある十和田市営のキャンプ場です。昨年、初めてここでキャンプしたときの、あまりの居心地の良さに毎年来ると決めて今回が2回目となりました。そしてキャンプを思う存分に楽しみたくて2泊しいました。

初日は、高速道路で向かっているときから強い雨。キャンプ場に着いても弱い雨でした。二日目は曇空から夕方には青空に変わり、夜はプラネタリウムのような星空。隣のグループも見上げていました。
三日目はきれいな朝焼けで目が冷め、チェックアウトまで最後の時間を楽しみました。

宇樽部キャンプ場は、有料ですが、とんでもなく低価格。タープとテント、それに車+一人分で2,250円。一般のキャンプ場の半額です。
トレイは新しく、有料のシャワーとコインランドリーもありとても充実しています。天候に不安なときはバンガロー泊(予約必要)もできるし、フリーサイトながらテント脇に車を止められます。車中泊もいけますね。オートキャンプを選択すると整地された場所にAC電源が用意されています。

一番のお気に入が、画像にある通り水際にテントが張れること。この景色を一人締めできることが最大の魅力です。

コットを外に出して昼寝したり、本を読んだり、贅沢な時間でした。キャンプは楽しいな。

2020年8月11日火曜日

キャンプは前日からワクワク

キャンプ準備。
こんにちは、染井吉野です。

暦の上はもう立秋なんですね!でも、夏休みの初日の土曜日、明日からのキャンプに備えて道具を準備しました。
キャンプは、計画を立てるところからワクワクしてきます。
明日からは2泊の予定ですが、あいにく低気圧が来ているということで天候がちょっと心配。

2020年7月14日火曜日

梅雨の中休みに天窓から~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

2階ロフトの天窓から見える風景。
こんにちは、染井吉野です。

日中、程々の家のロフトに寝転がってみると、天窓から青空が広がっていました。
梅雨の中休み。

雨が降ったおかげで空気が澄んでいて青い空と白い雲がとってもキレイ。
しばらくロフトでゴロゴロしながら眺めていました。
部屋に居ながら空を眺められるのも気に入っている一つです。

程々の家は、大屋根を支える梁が幾重にも並び、2階のロフトから1階のリビングまで突き抜けています。パンプレットではこれを「上り梁」と読んでいます。これに書かれている通り「豪快な斜め天井」です。

2020年7月7日火曜日

あ、実は自宅なんです~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

こんにちは、染井吉野です。

週末、程々の家の広縁で淹れたコーヒーを飲みながらまったりしていたところ、自転車で通りかかった若い夫婦。

自転車を止めて、程々の家を気にする様子。当然、目が合います。

「ここは何のお店ですか?」

「あ、いえ、自宅なんです」

「そうなんですね」

とニコニコしながら走り出しました。

暮らし始めてもう丸6年が過ぎようとしていますが、今年になってからもすでにこうして2回も声を掛けられました。

程々の家に代表されるBESSの家は家の中はもちろんですが外での暮らしも楽しめるから、皆さんきっと「お店」と勘違いされるんでしょう。
BESSオーナーさんはきっと同じ思いをしているハズ。

ご近所さんが同じBESSオーナー同士ならもっと楽しいことでしょう。

2020年6月29日月曜日

浮世絵「切の娘」~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

喜多川歌麿「切の娘」
こんにちは、染井吉野です。

週末、部屋の整理をしていたところ浮世絵のポスターが出てきました。すっかり忘れていて、ず~と仕舞い込んでいたもの。

さすがに色があせてしまいましたが、いくつかを程々の家に飾ってみました。

特に、色あいが良かったのがこの画像の「切の娘」。

切の娘とは、遊郭の中で時間を限って客に接する女性のことで、若い娘が務めることが多かったと解説がついていました。やはり顔の表情が幼く色白ですね。

カーテンなど部屋の模様替えも行ったので、この絵も額に入れて飾ってみることにしました。
程々の家には、こんな絵がしっくり来るように感じました。

2020年6月23日火曜日

通い詰めたキャンプ場の新たな発見~牛野ダムキャンプ場(宮城県大衡村)

森のキャンプを堪能しました。
こんにちは、染井吉野です。
コロナウィルスの感染防止も県をまたぐ移動が解除になって初めての週末にキャンプしてきました。行った先は、いつもの宮城県大衡村にある「牛野ダムキャンプ場」です。
無料のキャンプ場故、宮城県内のキャンパーの聖地となっています。

もう、何回、何年通い詰めたでしょうか?

いつもの牛野ダムキャンプ場ですが、今回キャンプサイトに選んだのは、ダム湖の南側の森林エリア。
牛野ダムキャンプ場に行ったことない方にそぉっとお教えしますが、テントサイトは大きく分けて4箇所あります。
道はダム湖を1周できますが、道幅が狭いので反時計回りに進みます。ダム湖につくと反時計回りの進行方向の看板がありますのですぐにわかります。

一番最初のエリアは駐車場とその横の広場。芝生でダム湖を見渡せるので人気のエリアです。テントもたくさん張れる広々とした場所。
二番目は、芝生エリアの下の水辺のエリア。張れる数が少ないので早いもの勝ちですね。水面と同じ高さでテントを張れるのでここも人気のエリア。ただし、貯水量に左右されるので、いつも張れるわけではありません。
この2つのエリアは、炊事場(水道は有料)とトイレが近く、いつもここを中心にテントを張っていました。

そして更に奥へ進むと、もう一つの駐車場があり、ここは車中泊やキャンピングカー、キャンプトレーラー向きのエリアになります。眺望は良くありませんが、車メインですと傾斜も無く広いのでちょうどいい感じ。トイレと炊事場も近いです。

そして、今回私が選んだサイトはダム湖を挟んで向かい側。ちょうど広場の向かい岸になる森林エリアです。芝生広場は木陰が無いので太陽がサンサンですが(その分冬キャンプは絶好)、こちらは森林サイトなので夏にはもってこいです。広さも十分。キャンパーも沢山います。
キャンパーは路肩に車を留めてアチラコチラにテントを張っています。場所的にはトイレ&炊事場から一番遠いエリアになります。おおよそ300mくらいで、トイレまで3分くらい歩きます。
でも、今回キャンプしてわかりました。
日中は木陰が気持ちよく、木々の間を渡る風も優しくて丁度よいです。
圧巻は朝。野鳥のさえずりで目が覚めました。聞いたことの無い野鳥の声、コゲラのドラミングなど、もう、大合唱です。
見上げると朝日に照らされた木々の緑がとってもキレイでした。そして、雲ひとつ無い青空。森林浴とはこの事を言うんですね。
iPodで聞いたクラシック音楽がまた情景にハマり、コーヒーを飲みながら至福の時間を過ごすことができました。

何度も通ったいつものキャンプ場なのに、また新たな発見です!

こんな魅力的なキャンプ場ですが、利用はなんと無料ですので驚き!
本当に宮城県大衡村の観光課に感謝です!そして、トイレを清掃してくださる地元の方々にも感謝です。

本音を言えばこっそり楽しみたいのですが、あまりに素晴らしいキャンプ場なので、少しでも皆さんのお役に立てればとブログに書いてみました。

利用される方は事前の申込みが必要です。「牛野ダムキャンプ場」で検索して、大衡村役場のサイトから申込書をダウンロードしてFAXで届け出してください。

もちろん、マナーには十分気を使ってください!無料で利用できるのもキャンパーのマナーのおかげ。直火は禁止、ゴミは持ち帰りです。
そうそう、昨年秋は熊の親子と見られる足跡がありましたので、十分気をつけてくださいね。

2020年6月2日火曜日

梅雨入り前のキャンプ

こんないいキャンプ場、知らなかったね。
こんにちは、染井吉野です。

コロナ蔓延の外出自粛も少しずつ緩和されてきましたね。でも、県をまたぐ移動は自粛と言うことで、宮城県内の移動でキャンプに行ってきました。

初日は雲一つない晴天。仙台から南蔵王への移動中、ず~と残雪の蔵王が見れました。さらに、福島県にある安達太良山まで見通せました。
まさにキャンプ日和。

キャンプ地に着いて早速設営。お昼前に着いたので2番目でした。好きな場所にテントを張れました。いや~、気持ちいい。ここは第2キャンプ場だそうです。散歩がてら第1キャンプ場も見て回りましたが、どちらも広くてのびのび。地面が芝なのがいいですね。
これから、明日のお昼まで、たっぷり楽しみます。

本を読んだり、周辺を散歩したり、のんびり過ごし夕方から焚き火。いつの間にか周りにキャンパーも増えて12組くらいになりました。
夜は満天の星を観察して、眠りに付きました。

また一つ、お気に入りのキャンプ場を見つけました。

2020年5月23日土曜日

程々の家を眺めながらコーヒーを~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

いつもの庭あそびです。
こんにちは、染井吉野です。

先週末は外出自粛。
と言うより、程々の家で暮らすと家に居るほうが楽しいので、外出しなくてもいいんです。

ここ最近は、広縁で本を読んだり、雑誌を眺めたり、気ままな時間を過ごしています。
時には、気分を変えて庭に降りて土の上でディキャンプ。

今日は、我が家の「程々の家」を眺めながらコーヒーを楽しんでいます。

いつまで眺めても飽きない家。
これから何を飾ろうかしら?広縁のレイアウトはどうしようかしら?
ワクワクしながら妄想すると、時間があっという間です。

2020年5月20日水曜日

なんとも涼しげ~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

広縁にモンステラを。
こんにちは、染井吉野です。

週末、外出を控えて庭でプチキャンプ。
朝から時間を持て余したので、ちょっと庭いじりをして過ごしました。

室内で育てていたモンステラがボウボウになったので間引きし、ちょうど良い透明ガラスの水差しに活けてみました。

なんとも涼し気な。
このモンステラを眺めてコーヒーを淹れ直しました。

自分にとって丁度よい日常です。

2020年5月17日日曜日

日が長くなりましたので〜程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

こんにちは、染井吉野です。

日々刻々と日が長くなってきたのを感じます。今日は、一日中あいにくの曇り空でしたが、18時30分現在、お外はまだ明るいです。
気がつけば5月の中旬。来月はもう夏至を迎えるんですね。なんか寂しい。

一番大好きな春分から夏至までのこの季節、今年はコロナウイルスの影響で外遊びができませんでした。すごく寂しい。

外出自粛も少しづつ解除されてきていますので、これからは思いっきり外遊びを楽しみたいと思います。

今日の土曜日夜ははとりあえず、程々の家の広縁でJAZZを聞きながらハイボールで酔いしれたいと思います。
飲み過ぎに注意しなくちゃ。

2020年5月4日月曜日

のれんを下げて夏隣~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

暖簾が揺らめいて。
こんにちは、染井吉野です。

もうすぐ暦では立夏です。夏もすぐそこ。
そこで、今年も暖簾を下げてみました。今年はより程々の家に似合う和風ティスト。

なんだか、ふっと蚊取り線香の香りがしてきました。

2020年5月3日日曜日

この時期の大掃除~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

程々の家のメンテナンス。
こんにちは、染井吉野です。

たっぷり時間があるゴールデンウィーク。暑さ寒さも丁度いい季節ですよね。
そこで、我が家は年末の大掃除は止めて毎年ゴールデンウィークに大掃除をしています。昨年は、ついでに網戸の張替えをしました。

今年は、窓の拭き掃除と程々の家のメンテナンス。今年で築6年目ですが外壁は日焼けがそれほどでもなくまだ塗り替えは一度も行っていません。とりあえず、クラック部分にBESSのガードンを吹き付けておきました。その時気がついたんですが、画像のこの柱だけ日焼けで塗料が薄くなっていました。この部分だけ一番陽が当たるんですよね。来年か再来年に塗り直しが必要かもしれませんね。

2020年5月1日金曜日

お家キャンプ~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

じっとしててはもったいない。
こんにちは、染井吉野です。

どこにも出かけられないからこそ、お家で過ごす時間が大事ですね。
そこで、この連休前半はお天気に恵まれましたので連日お家キャンプを楽しんでいます。

夜になり、夕飯を済ませたらキャンプの続きが始まります。アンティークのランタンとロウソクも加えて揺らめく灯りを眺めながら、ウィスキー。椅子に腰掛け夜空を眺めチョビリチョビリ。家に居ながらまさにキャンプ気分。
程々の家の演出も加わりとっても素敵な夜でした。

2020年4月30日木曜日

アンティークランタンを使ってみました~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

キャンプにランタン。
こんにちは、染井吉野です。

 親から譲り受けたアンティークランタンがあります。これまで、キャンプには一度も使っていなくず~~っと玄関に吊るしていました。
長いことガスランタンを使っていましたし、最近はLEDランタンが取り扱いが簡単でそればっかり。

このゴールデンウィークに庭キャンプを始めてから、もっと時間を楽しめる演出がほしいな~と思ってロウソクを灯したりしているうち、このランタンも使ってみたくなったんです。

さて、数十年使っていなくて全体に錆びついていたので使えるか心配でしたが、問題なく火が灯りました。この揺れる炎を見ながら広縁で美味しいお酒が飲めそうです。

2020年4月28日火曜日

お家でディキャンプ~程々の家暮らし方鑑賞マニュアル

土の上で過ごすことが大事。
こんにちは、染井吉野です。

今日は4月25日。今日からゴールデンウィークが始まりました。初日の今日は好天に恵まれ気持ちのいい朝です。気温も暖かくなりそうでしたので、朝の8時から庭にキャンプ道具を出してみました。

太陽の日差しがこんなに気持ちがいいなんて。紅茶を飲みながら日向ぼっこ。時間の経つのも忘れて、気がついたらもうお昼。
冷蔵庫へ簡単に調理できそうなものを取りに行き、外で調理。小さな庭ですが気分はキャンプです。

いつもは程々の家の広縁で過ごすことも多いですが、地面で過ごすと何故か違った気分です。